将来歯を失わないために、やっておきたいこと

毎日のケアが歯を守ってくれる

歯を守るためには歯磨きが大切だということは、誰もが知っていることだと思います。ただしっかりと磨くことができているかというと意外にできていなくて、虫歯や歯周病になってしまう人も多くいます。

虫歯や歯周病にならないためにも、きちんとした歯磨きをして口の中をケアしてあげましょう。

歯磨きで大切なのは、歯ブラシの選び方です。固いほうがよく磨けて汚れも落ちるようなイメージがあるかもしれませんが、硬すぎる歯ブラシを使っていると歯茎を傷つけてしまったり、歯が削れてしまって知覚過敏になってしまう可能性があります。

一般的には普通の硬さがベストで、時間をかけてしっかりと磨いていきましょう。もしも歯を磨いたときに歯茎から血が出る場合は、柔らかめの歯ブラシを選んだほうがいい場合もあります。

虫歯じゃなくても歯医者に行ってみることが大切

歯医者には虫歯になって歯が痛くなった時しか行かない、という人もいると思いますが、定期的に口の中を診てもらったほうが将来自分の歯を残せる可能性が高くなります。歯科検診をしてもらえば虫歯を早期発見することができたり、歯周病の兆候を見つけることもできます。一緒にクリーニングをしてもらえば普段の歯磨きでは取り切れていなかった歯垢を除去して、虫歯や歯周病の予防をすることができるからです。

歯は一度虫歯になってしまうと、将来失ってしまう可能性が高くなります。虫歯や歯周病にならないようにケアをしていくことが、一本でも多く歯を残すための方法です。

根管治療は、歯の神経の治療です。虫歯や何らかの外部からの影響により死んでしまったり、感染してしまった神経を取り除く治療です。